メインコンテンツへスキップ

ファクトフルネスを読んだ

book

世界は変わり続けていることと、死ぬまでずっと知識と世界の見方をアップデートし続けなければならないことを教えよう。

「本当に世界は悪くなってるのか?」を問いかけ、データや事実によって正しい世界の見方を身につけられる本。賢い人ほど世界を思い込みで観ている、チンパンジーよりも世界の事をわかっていないとし、衝撃を受けた。

以下は本書の共訳者の上杉周作さんが作成した冒頭のチンパンジークイズができるウェブサイト。

『ファクトフルネス(FACTFULNESS)』チンパンジークイズ

チンパンジーに負けた人はすべからく読むべきであろう。

各分野の専門家、高学歴、社会的な地位がある人ほどこのテストでは正解率が低く、その理由として人間の10の本能による勘違いが原因だと説明してる。1章から10章まで各章毎にハンスさんの体験に基づいたストーリーベースでその本能について解説しているのでとても読みやすかった。

以下はファクトフルネスができるまでの過程を紹介した記事。

「FACTFULNESS(ファクトフルネス)」の翻訳本ができるまで|上杉周作|note

チンパンジークイズの正解率にかかわらず誰にでもおすすめできる本であり、世界を正しくデータや事実に基づいて見るきっかけになる。世界はどんどん良くなっているし、世界について知識をアップデートし続けることが大事だとわからせてくれた。

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

著者
suy0n9
Software Engineer

Related

「悪童日記」を読んだ
book
アクションリーディングを読んだ
book
2018年振り返り
life review